読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ザ・イヤフォン・レビュー

イヤホンをレビューしています。

B01FLOG4O0

Jayfi JA40 カナル型 イヤホン 重低音 HIFI 遮音性 マイク付き イヤフォン

 

おすすめ度*1

f:id:kanbun:20170406181948j:plain

ASIN

B01FLOG4O0

 着け外しやすいドラムタイプのカナル型イヤホンで、耳にしっかり差し込まれるため遮音性もそこそこあるが、音漏れはやや目立つ。

 

【1】外観・インターフェース・付属品

 付属品はイヤーピースの替え、携行ケース、日本語含む多言語マニュアルイヤーピースはコンプライタイプも付属する。細身のケーブルのタッチノイズはそれほどでもない。

 

【2】音質

 ドンシャリ傾向の強い低域重視のチューニング。低域とボーカルが一番耳に近く、曲の中心で核を作り、残りの音はやや背景になってシャンシャンしたやや軽い味付けになる。低域中心で腹に響かせる傾向の曲によく合い、迫力と重厚さを感じやすい。一方で曲によってはやや暗く、軽妙さは出づらい。ボーカルもきらびやかさやのびやかさ、繊細さよりは厚みを持たせた直接的な旨味を感じさせる表現で、コンセプトから言っても奥深い味わいを求めるのは野暮だろう。

 

[高音]:低域の背景に隠れがちで上方向への高さはそれほど感じられない(秦基博「水彩の月」、井口裕香「Hey World」、多田葵「灼け落ちない翼」でテスト)

[中音]:低域が前面に出るので、場合によってそれに隠れてしまう。ピアノは弱く出る傾向があるので、純粋ロックな表現を外れる多様な色彩を表現する曲にはやや弱い。
[低音]:低域は近く、ボーカルとつねに密着しており一体化している。重く厚みがあるが、やや近さが目立つので深さは感じづらいかもしれない。おそらくピークは60hz~50hz付近で強く振動しているため、比較的浅い床面になっているせいだと思われる(分島花音「killy killy JOKER」、UVERWorld「CORE PRIDE」、重低音音源動画でテスト)

[解像度・立体感]:奥行き感はそこそこあるようだが、低域が広さより近さの表現で鳴るために広い空間は感じない(petit milady「azurite」、分島花音「world's end, girl's londo」でテスト)
[パーカッション・リズム]:ドラム優位。全体的に床面を意識しやすく、熱量もある低域中心で支えを感じやすい(東京カランコロン「スパイス」、nano.RIPE「ツマビクヒトリ」、JOY「アイオライト」でテスト)
[ボーカル傾向]:比較的自然で、クセがなく、低域の近さと相まって量感と安定性が感じられるので満足度はなかなか。

 

【3】官能性

 UVERworld「一滴の影響」は足場を作るドラムの躍動感にベースなど重厚な低域がはっきりと意識させる床面でボーカルを支える。中高域の音がやや精彩に欠けるものの、全体としてこの曲の持つ圧倒的な重厚感と世界観がうまく表現される。

 鹿乃「ディアブレイブ」になると、重厚さが勝ちすぎる。この曲は重厚な低域とシネマティックな表現を見せる中高域との引き合いの中安定した声色のまっすぐ貫いていくボーカルという全体像に艶があるが、低域が引っ張りすぎており、ピアノ中心に奏でられる、サビ付近の色彩感あふれる表現が全く潰されてしまっている。

 nano.RIPE「月花」もこのイヤホンは重厚さ中心で世界観を描いており、高い空の月と地面の花という対比よりは、地面の花という主観の独白が強調される味わいとなる。空の高さという空間性を感じさせる部分はないが、パーカッションの粒感と演出はうまく出ており、満足度は高い。

 Claris「CLICK」も低域リズム中心に目立ち、かなりダンス色が強調された味わいになる。ボーカルと低域の関係の良さがこの曲の核となる安定的で一貫した流れをよく表現しており、情報量の多い曲であるにも関わらず、ガチャガチャと紛れるところはないが、一方で背景音の味わいは減っており、空間性を感じさせる弾ける破裂音のような表現は控えめ。全体として単調にはなっているが、量感のある一貫とした流れは納得させられ、わかりやすく満腹感は十分伴っている。

 

【4】総評

 とにかく量感ある低域でお腹いっぱいになりたい人向けには一つの福音となるかもしれないイヤホン。クセがなく聞きやすいボーカルとそのボーカルを支える近めの低域が安定した心地よい流れを作る。一部の曲では単調に出たり、細やかな演出がざっくり失われてしまうという欠点はあるものの、ダンス・ロック中心に楽しむ人にはかなりのコスパを感じさせてくれるはずだ。

 

Jayfi JA40 カナル型 イヤホン 重低音 HIFI 遮音性 マイク付き イヤフォン

 

【関連記事】

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com

www.ear-phone-review.com


*1:おすすめ度とは、あくまで主観的に「ここが面白い!ここが味わい深い!」と思ったポイントです。たとえば低域が「5」だからといって低音が支配的で低域重視で鳴りますというわけではなく、「低域の表現が丁寧でうまいなぁ」とか「これはちょっと他では味わえないかも」といった特徴的な音、魅力的な音がポイント高めになります。そのイヤホンの販売価格帯も考慮した主観的な評価です。